コーヒー&バニラ5巻

コーヒー&バニラネタバレ!5巻20話「スイート&ホーム」【私は邪魔?】

更新日:

コーヒー&バニラネタバレ!5巻20話「スイート&ホーム」【私は邪魔?
コーヒー&バニラ5巻

 

こんにちは^^

 

海外出張から帰ってきた宏斗と、甘~い時間を過ごすリサ。

 

だけど出張明けの彼を、疲れさせていることに気づいて・・・?

 

朱神宝「コーヒー&バニラ」

 

5巻20話「スイート&ホーム

 

「今日は一日一緒にいようね」という宏斗と、甘い時間を過ごすリサ。

 

だけど秘書の訪問で、自分が宏斗の邪魔をしているのではないか?と思うように。

 

そんなリサに、宏斗が告白した、ある決意とは?

 

私はここで読みました
→無料試し読みはこちらから
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

コーヒー&バニラ5巻20話あらすじ

 

海外出張を終え、リサに会える喜びをかみしめる宏斗。リサはそんな彼を癒そうと、気合を入れて家事をするのですが・・・?

 

 

「コーヒー&バニラ」を無料で試し読み♪

 

理想のカレシ・深見さんと、

モテ系だけど恋愛初心者!なリサの恋を描いた

「コーヒー&バニラ」

 

夢のように甘くてとろけるこのマンガ、

スマホやPCで無料立ち読みすることができます^^

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

ここはスマホ・PCどちらも対応していますし、

作品数も豊富で、いろんな漫画を試し読みすることができます!

 

メジャーな作品から、ちょっとマイナーな作品まで、とてもたくさん揃っています^^

 

特に「コーヒー&バニラ」は、かなりエッチ度高めなので、

人前で読むのはちょっと・・・という方も、

 

電子書籍なら誰にもバレずに、じっくり読むことができます♪

 

毎日のスキマ時間に、好きな漫画を読んで癒されてくださいね^^

 

 

↓無料試し読みはこちらから↓
→まんが王国
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

コーヒー&バニラ5巻20話ネタバレ!

 

宏斗を癒すため、家事を頑張ろうとするリサ。しかし家事スキルも高い宏斗に、逆に癒されてしまいます。そんな中、宏斗の秘書が訪ねてきます。

 

ココが見どころ!

★出張明けのイチャイチャ♪

★家事もうますぎる宏斗

★自信を無くしたリサに、宏斗がした告白とは?

 

休日

 

休日の朝。

 

ベッドの中で、甘い時間を過ごす二人。

 

出張明けの宏斗は、リサがそばにいる喜びをかみしめています。

 

ベッドの上でリサを抱きしめ、彼女のぬくもりを感じる宏斗。

 

「今まで海外出張なんて何度もあったし、なんとも思わなかったのに」

 

「こんなに帰ってこられたことが嬉しいのは初めてだな」

 

「今日はずっと一緒にいようね」という宏斗に、笑顔でうなずくリサ。

 

そしてリサは、出張明けの宏斗にゆっくりしてもらおうと、ある提案をします。

 

たくさん甘えて

 

エプロンをつけ、髪をまとめて、気合を入れるリサ。

 

「今日は代わって、家事とかなんでも私がやりますので」

 

「深見さんはゆっくり体を休めてくださいね」

 

リサの言葉に、困ったような笑顔を浮かべる宏斗。

 

「リサは何もしなくていいんだよ?」と言いますが、「したいんです、すごく!」と答えるリサの気合に負け、宏斗も彼女に甘えることにします。

 

しかし。

 

洗濯物は分別済みで、あとはボタンを押すだけ。

 

タオルもたたんであって、あとは棚に入れるだけ。

 

さらに掃除機も宏斗がかけて、食事もいつのまにか作ってくれている。

 

宏斗の家事スキルの高さに、リサの出番はありません。

 

さらにパソコンを使う宏斗の膝枕で、癒されてしまうリサ。

 

(私が癒されてどうするのっ!)

 

思わず飛び起き、宏斗の顔を覗き込むリサ。

 

「深見さん!他にすることないですか?」

 

そんなリサに、宏斗は笑顔でこたえます。

 

「働くなんて、リサは俺の家政婦じゃないでしょ」

 

そのままリサに、深いキスをする宏斗。

 

「ん・・・っ」

 

彼のキスに、思わず声が漏れるリサ。

 

「・・・ベッド行く?」

 

宏斗の言葉に、リサがうなずいた時。

 

ピンポーン、と玄関のチャイムが鳴ります。

 

私は邪魔?

 

訪ねてきたのは、宏斗の秘書。

 

「ちょっと待っててね」と玄関に出た宏斗を見送り、(またお仕事じゃないよね?)と心配するリサ。

 

と、その時。

 

二人の会話が、リサの耳に入ってきます。

 

「社長も、今日はご無理なさらずに」

 

「大丈夫だ」と笑う宏斗に、秘書は、

 

「ですが出張後の休日は必ず、家でひたすら死んだように眠る人なのに」

 

と続けます。

 

「寝るわけないよ、リサがいるのに」と答える宏斗に、青ざめるリサ。

 

(もしかして、今日ずっと無理してた・・・?)

 

(私がいるから、休みたくても休めなかったんだ)

 

「リサ、お待たせ」

 

秘書を見送り、部屋に戻ってきた宏斗。

 

しかし帰ろうとしているリサに気づき、宏斗は驚きます。

 

「何してるの?」

 

「私、もう帰りますね」と答えるリサの肩を抱き、彼女の顔をのぞき込む宏斗。

 

「急にどうして?こっち向いてごらん?」

 

うつむいたままのリサの表情に気づいた宏斗。

 

さらに「私がいると深見さん、全然休めないから」というリサの言葉に、宏斗ははっとします。

 

「もしかして、さっきの話聞いてた?」

 

うなずくリサに、「休めてないなんてないよ」と諭す宏斗ですが、それでも意思を曲げないリサ。

 

それをみた宏斗は、

 

「そこまで言うなら仕方ないね」

 

「出ようか」

 

と、リサの手を引き、外へ連れ出します。

 

(深見さん、ごめんなさい・・・)

 

車に乗り込み、出かけた二人。

 

しかし宏斗が向かったのは、リサの部屋ではなく、初めて見るタワーマンションだったのです・・・。

 

 

私はここで読みました
→無料試し読みはこちらから
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!
(コーヒー、で検索してみてください^^)

 

 

コーヒー&バニラ5巻20話感想とその後の展開は?

コーヒー&バニラ5巻

 

出張明けの宏斗を癒そうと奮闘したリサ。だけど逆に、自分がいることで宏斗が休めないのでは?と思い、そのまま帰ろうとします。そんなリサに、宏斗は、ある告白をするのです。

 

出張明けの宏斗を癒そうと、奮闘したリサ。

 

しかし自分がいることで、宏斗が気を使って休めないのでは?ということに思い至ってしまいます。

 

落ち込み、そのまま帰ろうとするリサを引き留め、連れ出した宏斗。

 

彼が向かったのは、リサも初めて見るタワーマンション。

 

その中の1室に案内されたリサは、広い部屋と素敵な景色に笑顔を浮かべます。

 

ここは、宏斗が引っ越そうと思っていた部屋。

 

そして宏斗は、リサに、ここで一緒に住まないか?とリサに提案。

 

驚くリサに、宏斗は、自分にとって、リサがどんなに大切な存在か。

 

そして自分がどんなにリサが好きか、あらためて語り始めるのです。

 

・・・ついに同棲!!

 

しかも都心のタワーマンションで、家賃は彼もち!

 

夢のような展開ですが、リサに同棲を申し込んだときの宏斗の真剣な表情は、思わずガン見してしまうインパクト。

 

ストーリーだけじゃなく、こういう細かい表情に、宏斗のリサへの愛情が感じられるんですよね~。

 

見ている私も癒されます(笑)

 

次回は二人で家具選び♪

 

リサと一緒に暮らせることに、浮かれまくる宏斗の様子は必見ですよ^^

 

次回も楽しみです♪

 

私はここで読みました
→無料試し読みはこちらから
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!
(コーヒー、で検索してみてください^^)

無料試し読みはここがオススメ!

 

スマホで漫画を無料立ち読み♪

 

当サイトでオススメしている漫画は、全てスマホで読むことができます!

 

オススメは「まんが王国」というサイト。

 

スマホで見ても画面が綺麗だし、とにかく漫画の種類が豊富なので、使っていて本当に飽きることがありません。

 

私も毎日、いろんな漫画を試し読みさせてもらってます^^

 

特に少女漫画はかなり力を入れているので、昔の名作から最新の話題作まで、いろんな作品を読むことができます^^

 

試し読みはとっても簡単♪

 

1・「まんが王国」をクリック!

 

2・画面上部の検索窓に、読みたい漫画のタイトルを入力!


↑ココに入力します↑

 

3・「無料試し読み」ボタンを押すと、無料で試し読みができます^^


↑このボタンをクリック!

 

中には、期間限定で「無料でじっくり試し読み」になっているものもあります。

 

これだと、モノによっては「1冊まるごと無料」で読めたりするので、すっごくお得なんです!

 

いきなり有料というのもハードルが高いので、まずは無料の試し読みから♪

 

仕事や通勤時間、休憩時間など、スキマ時間の息抜きにぴったりですよ♪

 

楽しいので、ぜひ使ってみてくださいね^^

 

-コーヒー&バニラ5巻
-

Copyright© 溺愛少女コミック , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.