ラブファントム ラブファントム1巻

ラブファントム1巻4話「恋情」ネタバレ!【帰らないで】

投稿日:

ラブファントム1巻4話「恋情」ネタバレ!【帰らないで】
ラブファントム1巻

 

こんにちは^^

 

甘〜〜い少女マンガ大好き!

 

アラサー女子の咲子です♪

 

 

私好みのベタ甘展開で、何度読んでも萌えちゃいます^^

 

”みつきかこ「ラブファントム」”

 

1巻4話「恋情」。

 

 

あの日から、百子の部屋に出入りするようになった長谷。

 

だけど彼は、いつも泊まる事なく、自宅に帰ってしまいます。

 

同じ時間を過ごすほど、彼への想いが募る百子。

 

ついに百子は、長谷に「帰らないで」と懇願するのですが・・・?

 

1巻4話「恋情」では、百子の長谷への募る思いと、二人の初夜!?が描かれています^^

 

私はここで読みました
→コミなび
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

ラブファントム1巻4話「恋情」あらすじ

 

あの日から、百子の部屋に出入りするようになった長谷。しかし彼は、百子を抱く事なく、いつも家に帰ってしまいます。そんな長谷に、想いを募らせた百子は・・・?

 

 

「ラブファントム」を無料で試し読み♪

 

「怪人」と称される、完璧なアラフォー男性・長谷と、

そんな長谷に溺愛されるカフェ店員・百々子の甘い生活を描いたマンガ

「ラブファントム」

 

トロトロに溶けそうなほど甘いこのマンガ、

スマホやPCで無料立ち読みすることができます^^

 

オススメは「コミなび」というサイト。

 

ここはスマホ・PCどちらも対応していますし、

作品数も豊富で、いろんな漫画を試し読みすることができます!

 

メジャーな作品から、ちょっとマイナーな作品まで、とてもたくさん揃っています^^

 

特にこの「ラブファントム」は、超!甘いシーンがたくさんあるので、

人前で読むのはちょっと・・・という方も、

 

電子書籍なら誰にもバレずに、じっくり読むことができます♪

 

毎日のスキマ時間に、好きな漫画を読んで癒されてくださいね^^

 

 

↓無料試し読みはこちらから↓
<<コミなび>>
「ラブファントム」で検索してみてください^^

 

ラブファントム1巻4話「恋情」ネタバレ!

 

今まで一度も、女の部屋に上がったことがなかった長谷。彼にとって、百子との仲は「本気」のものでした。そんな彼に想いを募らせた百子はついに、自分から長谷を煽るのですが!?

 

「ラブファントム」1巻4話、ココが見どころ!

★百子のキスマーク

★長谷の「本気」

★そしてついに、百子は長谷と・・・?

 

キスマーク

 

あの日から、百子の部屋に出入りするようになった長谷。

 

しかし彼は、いつも泊まらず、自宅に帰ってしまいます。

 

帰り際にキスマークをつけて、百子への独占欲を見せる長谷。

 

そんな彼に、百子は想いを募らせていきます。

 

長谷が残したタバコの匂いに、彼の温もりを思い出す百子。

 

(長谷さんの匂いがウチにある・・・)

 

(好きです)

 

彼が残したキスマークに口付けて、目を閉じる百子。

 

だけど。

 

(私ばっかり、好きみたい)

 

募る想いに、百子は少しだけ、不安になります。

 

 

腐れ縁

 

一方の長谷。

 

休憩時間、喫煙所に入った彼の元に、百子が務めるカフェの店長・木村女史がやって来ます。

 

「で?」

 

「うちの平沢とはどこまで?」

 

長谷の隣に座り、単刀直入に尋ねる店長。

 

実は長谷と店長は、20年来の「ドグサレ縁」でした。

 

「彼女の部屋に行ってる」

 

「これで満足か」

 

眉間にしわを寄せ、答える長谷。

 

そんな彼を楽しそうに眺める木村女史に、長谷はますます顔をしかめます。

 

「どういう風の吹き回し?」

 

木村女史の質問に、長谷は、

 

「出逢えたから」

 

と、答えます。

 

その言葉に、驚く木村女史。

 

「本気ってわけね」

 

休憩を終え、去っていく後ろ姿を眺めながら、木村女史は腕を組みます。

 

 

「泊まって行って」

 

 

その夜。

 

いつものように、百子の部屋にやってきた長谷。

 

「じゃあ、そろそろ帰る」

 

立ち上がり、身支度をする彼に、寂しさを感じる百子。

 

長谷にコートを着せようと、彼の後ろに回ったとき。

 

「ああ、悪い」

 

大好きな長谷の低い声に、百子はついに、自分を抑えられなくなります。

 

ギュッ、と、彼の背中に抱きつく百子。

 

「すき・・・です・・・」

 

突然の告白に、驚く長谷。

 

しかし彼も、穏やかな声で、

 

「俺も好きですよ」

 

と、答えます。

 

その言葉に、自分を抑えられなくなった百子。

 

彼女は長谷の背中に抱きついたまま、声を振り絞り、

 

「泊まって・・・いきません・・・か・・?」

 

と、長谷を誘うのですが・・・?

 

 

私はここで読みました
→コミなび
「ラブファントム」で検索してみてください^^

 

 

ラブファントム1巻4話「恋情」感想とその後の展開は?

ラブファントム1巻

長谷への想いを募らせた百子。彼女はついに、ありったけの勇気を振り絞り、長谷を誘います。そして二人はついに・・・!?

 

 

恋愛経験がなく、ピュアな百子。

 

だけど長谷への想いは、彼女に自分自身も知らなかった、新たな一面を見せてきます。

 

百子の誘いに、咎めるような言葉を返す長谷。

 

しかし百子は、そんな長谷の「大人の言葉」を、自らのキスで塞ぎます。

 

予想もしない百子からの「煽り」に、長谷はついに、

 

理性を失い、彼女を床に押し倒すのです・・・!

 

ついに、ついに初夜か!?

 

みつきかこ先生の美しい絵が、官能的なムードをさらに盛り上げます!

 

長谷への想いで、花開いた百子の「オンナ」。

 

続きは是非、本編でお確かめくださいね〜!

 

私はここで読みました
→コミなび
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

-ラブファントム, ラブファントム1巻
-

Copyright© 溺愛少女コミック , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.