ラブファントム ラブファントム6巻

ラブファントム6巻ネタバレ!30話「雨後」【お仕置きしてください】

更新日:

ラブファントム6巻ネタバレ!30話「雨後」【お仕置きしてください】
ラブファントム6巻

 

こんにちは^^

 

甘〜〜い少女マンガ大好き!

 

アラサー女子の咲子です♪

 

 

私好みのベタ甘展開で、何度読んでも萌えちゃいます^^

 

”みつきかこ「ラブファントム」”

 

30話「雨後」。

 

太蔵に告白され、動揺した百々子。

 

帰宅したあと、百々子は、

 

長谷への罪悪感から、彼に「お仕置き」をせがむのです。

 

そんな百々子を、長谷は、

 

「わかった」と押し倒し・・・?

 

ページをめくる手が止まらない、ドキドキの展開です♪

 

 

私はここで読みました
→コミなび
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

ラブファントム6巻30話「告白」あらすじ

 

太蔵に告白され、動揺してしまった百々子。帰宅後、彼女は、長谷に「お仕置きしてください」と懇願します。百々子の告白を聞いた長谷の対応は?

 

 

「ラブファントム」を無料で試し読み♪

 

「怪人」と称される、完璧なアラフォー男性・長谷と、

そんな長谷に溺愛されるカフェ店員・百々子の甘い生活を描いたマンガ

「ラブファントム」。

 

トロトロに溶けそうなほど甘いこのマンガ、

スマホやPCで無料立ち読みすることができます^^

 

オススメは「コミなび」というサイト。

 

ここはスマホ・PCどちらも対応していますし、

作品数も豊富で、いろんな漫画を試し読みすることができます!

 

メジャーな作品から、ちょっとマイナーな作品まで、とてもたくさん揃っています^^

 

特にこの「ラブファントム」は、超!甘いシーンがたくさんあるので、

人前で読むのはちょっと・・・という方も、

 

電子書籍なら誰にもバレずに、じっくり読むことができます♪

 

毎日のスキマ時間に、好きな漫画を読んで癒されてくださいね^^

 

 

↓無料試し読みはこちらから↓
<<コミなび>>
「ラブファントム」で検索してみてください^^

 

ラブファントム6巻30話「雨後」ネタバレ!

 

百々子の願いを聞き入れ、彼女を押し倒す長谷。まずは太蔵に握られた、百々子の手のひらにそっと口付けます。

 

もっとひどくして

 

 

「触られたのは手だけか?」

 

百々子の手に口付けて、囁く長谷。

 

色っぽい表情に胸を高鳴らせ、百々子はうなずきます。

 

「は・・・い・・・っ」

 

百々子の服を脱がせ、ベッドに横たえる長谷。

 

お仕置きは続きます。

 

「触られてない?」

 

「本当に?」

 

そのまま百々子の全身を攻め立てる長谷。

 

「っいや、もう・・・っ」

 

「やめて、慧さん・・・」

 

懇願する百々子。

 

しかし長谷は、百々子の願いを聞き入れることなく、激しく攻め続けます。

 

結局、やっぱり、

 

 

「っ慧さん・・・」

 

「慧さんっ・・・!」

 

「あ、あ、ああーーー・・・!」

 

そのまま。絶頂に導かれる百子。

 

事後。

 

ぐったりとした百々子を、長谷は後ろから抱きすくめます。

 

「大丈夫か?」

 

「はい」

 

優しい長谷の言葉に、頬を赤らめる百々子。

 

(大丈夫)

 

(結局、やっぱり、)

 

(やさしかったから)

 

そんな百々子を抱く手にさらに力を込め、呟く長谷。

 

「すまん」

 

「嬉しくてつい悪ノリしすぎた」

 

(嬉しい?)

 

長谷の言葉に、首をかしげる百々子。

 

そんな彼女に、長谷は、悪ノリしすぎた理由を語り始めます。

 

重症

 

それは、百々子が太蔵にクラっときた理由。

 

「太蔵が慧に似ていて」見とれてしまった、という百々子。

 

つまりそれは、百々子には慧しか見えていない、という意味。

 

それに気づいた長谷は、嬉しさのあまり、思わず頑張っちゃったわけです。

 

「おかげで、太蔵さんの閉じ込め論に一瞬くらっときた」

 

言いながら、百々子と額を合わせる長谷。

 

「そんくらい、おぢさんは小娘に重症なの!」

 

「何かいうことは?」

 

微笑む長谷に、顔を赤らめる百々子。

 

「・・・ごめんなさい・・・」

 

そのまま、そっと口付ける二人。

 

甘い夜は、まだまだ続きます・・・

 

私はここで読みました
→コミなび
「ラブファントム」で検索してみてください^^

 

 

ラブファントム6巻30話「雨後」感想とその後の展開は?

 

太蔵に、「一瞬クラっときた」百々子。しかしそれは、長谷への思いからでした。それを知った長谷は、ベッドの上で大ハッスル!甘い夜はまだまだ続きます。

 

 

ライバル・太蔵の登場で、これからどうなるのー!?とドキドキの展開でしたが、

 

やはり安定のラブラブ。

 

しかもライバル登場で、さらに燃え上がるこの二人。

 

もうね、ごちそうさま!って感じです(笑)

 

この甘さがいいんですよね〜。

 

揺るぎない想いに支えられた二人ですが、ライバルの太蔵氏もなかなかの曲者の様子。

 

これからどう出てくるか、まだまだ目が離せません。

 

それにしても長谷氏、ほんっと百々子にヤラレてますよね。

 

愛ゆえのいろんな表情、見ているこっちもキュンキュンしちゃいます。

 

幸せのおすそ分け、たっぷりもらっちゃいました♪

 

みつきかこ先生の色っぽい描写も、すごく見応えありましたよ〜!

 

私はここで読みました
→コミなび
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

-ラブファントム, ラブファントム6巻
-

Copyright© 溺愛少女コミック , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.