ラブファントム ラブファントム6巻

ラブファントム6巻ネタバレ!29話「告白」【長谷の怒り】

更新日:

ラブファントム6巻ネタバレ!29話「告白」【長谷の怒り】
ラブファントム6巻

 

こんにちは^^

 

甘〜〜い少女マンガ大好き!

 

アラサー女子の咲子です♪

 

 

私好みのベタ甘展開で、何度読んでも萌えちゃいます^^

 

”みつきかこ「ラブファントム」”

 

29話「告白」。

 

双子の父・太蔵に告白されて、閉じ込められた百々子。

 

太蔵の宣戦布告を受けた長谷は、

 

雨の中、百々子の元に走ります!

 

波乱の展開!この先どうなるの〜!?

 

私はここで読みました
→コミなび
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

ラブファントム6巻29話「告白」あらすじ

 

太蔵に電話で「宣戦布告」をされた長谷。大雨の中、彼は百々子の元に走ります!一方、百々子は、太蔵の告白に激しく動揺してしまい・・・?

 

 

「ラブファントム」を無料で試し読み♪

 

「怪人」と称される、完璧なアラフォー男性・長谷と、

そんな長谷に溺愛されるカフェ店員・百々子の甘い生活を描いたマンガ

「ラブファントム」。

 

トロトロに溶けそうなほど甘いこのマンガ、

スマホやPCで無料立ち読みすることができます^^

 

オススメは「コミなび」というサイト。

 

ここはスマホ・PCどちらも対応していますし、

作品数も豊富で、いろんな漫画を試し読みすることができます!

 

メジャーな作品から、ちょっとマイナーな作品まで、とてもたくさん揃っています^^

 

特にこの「ラブファントム」は、超!甘いシーンがたくさんあるので、

人前で読むのはちょっと・・・という方も、

 

電子書籍なら誰にもバレずに、じっくり読むことができます♪

 

毎日のスキマ時間に、好きな漫画を読んで癒されてくださいね^^

 

 

↓無料試し読みはこちらから↓
<<コミなび>>
「ラブファントム」で検索してみてください^^

 

ラブファントム6巻29話「告白」ネタバレ!

 

太蔵の会社は、セキュリティのため、厳重なロックがかかっています。愛しい百々子を閉じ込めて、愛を語る太蔵。そこに駆けつけた、長谷の怒りが爆発します!

 

宣戦布告

 

「急いだ方がいい」

 

「僕が、彼女を返せなくなる前に」

 

「来れるといいね」

 

電話で太蔵の宣戦布告を受けた長谷。

 

彼は雨の中、百々子の元へ走ります!

 

一方の百々子。

 

太蔵の突然の告白を理解できず、呆然と目を見開きます。

 

「どういう・・・意味ですか・・・?」

 

笑顔のまま、太蔵は答えます。

 

「そのままですよ」

 

「好きだなあ、と」

 

どきりと、顔を赤らめる百々子。

 

さらに太蔵は、この会社には厳重なロックがかかっており、

 

外から開けるのは、かなり難しいと語ります。

 

「つまり「貴女をお返しできるかどうか」は」

 

「僕次第、という意味でもあります」

 

意味深な笑顔に、百々子の表情が凍ります。

 

長谷の怒り

 

その時。

 

ドカッ!

 

大きな音とともに、ドアが蹴り上げられ、ずぶ濡れの長谷が飛び込んできます!

 

「失礼」

 

「少々急いだもので」

 

カツカツと百々子に近づき、太蔵から引き離す長谷。

 

そのまま百々子を背中に押しやり、太蔵に向き合います。

 

「太蔵さん」

 

「この状況はどういう?」

 

冷静な長谷の言葉に、笑顔を浮かべる太蔵。

 

「うん」

 

「百々子さんに告白してたんだ」

 

その言葉に、長谷は目を見開きます。

 

「閉じ込めちゃえばいいのに」

 

「こういうのって気持ちを伝えさせてもらわないと」

 

「フェアじゃないからね」

 

あくまで笑顔を崩さず、話し続ける太蔵。

 

その軽口に、長谷も淡々と答えます。

 

「こんなこともあろうかと、こちら周りの帰宅路にしていましたから」

 

冷静な長谷の対応に、感心する太蔵。

 

「さすがだねえ」

 

「でもそんな心配なら、閉じ込めちゃえばいいのに」

 

優しい笑顔に、怖い言葉。

 

「・・・僕はあなたではないですから」

 

笑顔で答え、長谷は百々子を連れて、その場を後にします。

 

そんな二人を、太蔵は、

 

「いずれまた」

 

と、笑顔を崩すことなく見送るのです・・・

 

私はここで読みました
→コミなび
「ラブファントム」で検索してみてください^^

 

 

ラブファントム6巻29話「告白」感想とその後の展開は?

 

告白のあと、百々子を閉じ込めようとした太蔵。優しい笑顔の「裏」に、百々子は恐怖を覚えます。しかし太蔵は、百々子を諦める様子はなく・・・?波乱は続きます。

 

 

ついに、ついにライバル登場!

 

しかも相手は、長谷の兄同様の存在。

 

突然の告白に、驚く百々子。

 

さらにこの太蔵氏、かなり黒いモノをお持ちのご様子。

 

「好きなら閉じ込める」って、かなりのカルトですよね・・・。

 

怖いなあ〜〜〜〜

 

だけど我らがファントム・長谷は、おそるべきスピードでロックを破り、百々子の元に駆けつけます!

 

この辺のスーパーマンぶりは、さすがの一言です(笑)

 

だけど波乱の展開は、まだまだ続きそうな予感。

 

けどその前に、変な菌がついた百々子を消毒しないといけません。

 

次回30話は、家に戻った百々子に、怒りの長谷が甘〜いお仕置きをぶちかまします。

 

これ・・・かなりすごいです(笑)

 

次回も必見ですよ〜!

 

私はここで読みました
→コミなび
ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

-ラブファントム, ラブファントム6巻
-

Copyright© 溺愛少女コミック , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.